So-net無料ブログ作成

在日反日の言論弾圧を監視する市民の会 [在日朝鮮人問題]

在日反日の言論弾圧を監視する市民の会

人権救済法案やヘイトスピーチ規制法
人種差別反対法案 、

レイシズムやヘイトスピーチのガラパゴス化
による間違った定義

以上を利用し、少数民族優位の言論弾圧法により
日本国民を最終的に支配する行動を監視する市民団体設立しました。




略称 在監会 ザイカンカイ 
主宰 佐藤 幽幻(ヨーゲン)←(玄→幻)姓名判断より画数変更

EUが秩序破壊に陥った原因。少数民族の限りない権利を抑制する。






民主主義の根幹を破壊する言論弾圧推進派の安田浩一のような極左がNHKで
思想調査もせずに反論者を用意せずに平然と偏って使われている。

何故、今、反日左翼にとってヘイトスピーチ規制法が必要なのか。
安田浩一の定義にある。海外のシンプルな「名誉毀損」に付加した、

ある集団に対する「憎悪と差別と扇動」
安田は更に「属性の変えられない者に対し、社会的圧力をかける行為」を付加した。


安田浩一達が、レイシズムやヘイトスピーチという、政府や国連当局者にとって
嫌がる外国産のこれらの言葉を使う理由とは、国際的な圧力と、国内では
言葉の壁が利用できる為だ。
(BBCの討論番組は普通は理解できない)
目的は「名誉毀損」から定義を勝手に変え悪用できるからである。

2011頃から始まった、日本を敗戦利得者や左翼から取り戻す運動は
次なるステージに進む。

在日左翼達はネット以外の次なるBS等のメディアで極右のコンテンツを流された場合に
対抗できるようにヘイトスピーチ法案を準備している。
これらに対抗しBSなどでも極右のコンテンツを流せない理由は何もない。

海外のメディアを積極的に利用できる、語学堪能なブレインの
協力体制も既に整えてある。

会員への無料メルマガ配信を不定期に行う。
デモや街宣運動は原則的に行わない。
ロビー活動を考えている。

我々は、弱小民族対する誹謗中傷団体ではない。精鋭の頭脳集団を目指す。

太陽の党や次世代の党や維新新風など極右政党がどんどん誕生している。
この田母神効果の流れは止められない。より加速する為に我々は前に進む為に
一役を担いたい。

そして日本と日本民族を誇り高き世界一尊敬されるように努力する。

※ 外国人の入会は禁止する。
※ 少数民族に対する非人道的な行為は禁止する。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0