So-net無料ブログ作成
検索選択

2001 韓国併合再検討国際会議 [韓国人の反日]

                                    韓国語訳有り  한국어 번역 있음


韓国政府の言うように、日韓併合は国際法違反なのか?


--------



1910年、日本は韓国を併合しました。

日韓併合は国際法違反だと韓国政府は主張していますが…、

韓国併合再検討国際会議が、2001年 1月、4月、11月に開催されました。

この会議は韓国政府の強い要求によって開催された会議でした。

韓国近代史専門のソウル大学イ・テジンを中心に韓国の学者達は

「条約不法論」を強く主張した。

しかしケンブリッジッ大学の教授、イギリスの学者からの強い反論があって、

韓国の主張は崩れた。

つまり、1910年に、日本は合法的に平和的に韓国を併合したことが、

国際的に証明されたのです。


詳細

背景

日韓併合について、韓国では「違法であった」と主張するのが一般的であり、「合法であった」と主張する側との間に論争が起きており、学会では「日韓併合合法不法論争」と呼ばれている。1965年の日韓国交正常化の際も激しく対立したが、合法・不法の結論は出さず、最終的に日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約(日韓基本条約)において「もはや無効であることが確認される」との表現で国交正常化にこぎつけた経緯がある。

この問題について、岩波の『世界』誌上で日韓の学者が争ったが決着が着かず、本国際会議が韓国政府傘下の国際交流財団の財政支援のもと韓国の学者達の主導により準備された。韓国側は国際舞台で不法論を確定し、日本への謝罪と補償の要求の根拠とする意図であったとされる。

また、今後行われるであろう日本と北朝鮮との国交正常化交渉の場で韓国が曖昧にしか処理できなかった「過去」の問題に対して日本にその責任を認めさせようという強い政治的意図を帯びたものであったともされる。こうした経緯により、日本側の報告者が合法、違法にかかわらず個々に持論を展開したのに対し、韓国側報告者の見解は一致して入念な準備によって構成された「違法性」を主張するものであったという。


会議の内容

2001年11月に第3回ハーバード大学にて開催。第1回(ハワイで開催)、第2回(東京多摩市で開催)を引き継ぎ、締めくくりの役割を持つものとして開催。日韓米のほか、英独の学者も加え結論を出す総合学術会議だった。日本側からは5人が参加したが、海野福寿明治大学教授の「不当だが合法」論や笹川紀勝国際基督教大学教授の不法論など見解が分かれていた。

韓国側は4人が参加し、「条約に国王の署名がない」ことなどを理由に不法論を主導している李泰鎭ソウル大学校教授を始め、全員が不法論で会議をリードしようとした。

しかし日本の原田環広島女子大学教授は併合条約に先立ち、大日本帝国が大韓帝国を保護国にした日韓保護条約(第二次日韓協約)について高宗皇帝は条約に賛成しており、批判的だった大臣たちの意見を却下していた事実を紹介し、注目された。


併合条約に国王の署名や批准がなかったことについても、国際法上必ずしも必要なものではないとする見解が英国の学者らから出された。

アンソニー・キャティダービー大学(英語版)教授は、そもそも当時、国際法といえるものが存在していたかどうかさえ疑わしいとし、特定の条約の合法、違法を判断するに足る法を発見するのは困難であると主張。

国際法の権威ジェームズ・クロフォード(英語版)ケンブリッジ大学教授は、当時の国際慣行法からすると英米を始めとする列強に認められている以上、仮に手続きにどのように大きな瑕疵があろうとも「無効」ということはできないと指摘した。




-------------------------------


前半 日韓併合後、過去10年の間に総督府は我々に何を与えたのか 一は緑色の山よ、二は立派な道路よ、 三は立派な裁判所よ 四は立派な行政官よ、五は立派な産業 開発よ、六は立派な教育振興だ。


96xNx.jpg





----------------------------

日本人が韓国人を虐殺した事件は歴史上に無い。
731細菌部隊はアメリカの捏造だった。

国民通しでの虐殺が非常に多い韓国

1637年~1897年:清(属国)
1897年:下関条約により清の属国から開放される←←←←←←ココ重要!
1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本の尽力によりロシアの属国化を回避
1905年~1945年:日本(保護国、併合)
1945年~1948年:アメリカ(非独立)←←←←←←ココも重要!
1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)
1948年:軍事独裁政権誕生
1948年:済州島4.3事件 7万人虐殺 →→ 大量の韓国人が日本に密入国
1950年:保導連盟事件 30万人虐殺
1950年:朝鮮戦争 400万人 死亡 →→ 大量の韓国人が日本に密入国
1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺
1951年:居昌事件 8500人虐殺
1975年:ベトナム戦争で4万人以上の非戦闘員を殺戮
1979年:軍出身の大統領政権誕生
1980年:光州事件 2000人虐殺
1993年:初の文民政権誕生←←←←←←韓国は民主化してまだ15年しかたっていないのです!
1997年:アジア通貨危機・国家財政崩壊によりIMFに

------------------------------------------------------------------------






한국 정부가 말하는 것처럼, 한일 합방은 국제법 위반인가?


--------


1910 년 일본은 대한 제국을 병합했다.

한일 합방은 국제법 위반이라고 한국 정부는 주장하고 있습니다 만 ...,

한국 병합 재검토 국제 회의가 2001 년 1 월, 4 월, 11 월, 에 개최되었습니다.

이 회의는 한국 정부의 강력한 요청에 의해 개최 된 회의였습니다.

한국 근대사 전문 서울대 이태진를 중심으로 한국의 학자들은

"조약 불법 론 '을 주장했다.

그러나 케임브리지 미 대학의 교수, 영국의 학자에서 강한 반론이 있고,

한국의 주장은 무너졌다.

즉, 1910 년에, 일본은 합법적으로 평화적으로 한국을 병합 한 것으로,

국제적으로 입증 된 것입니다.





---------------------------------


전반 한일 합방 후 지난 10 년 동안 총독부는 우리에게 무엇을 주 었는가 한 녹색 산 이여, 두 훌륭한 도로여 세 훌륭한 법원거야 네 훌륭한 행정관거야 다섯은 훌륭한 산업 개발 해요, 여섯은 훌륭한 교육 진흥이다.


96xNx.jpg


-------------------------------------------------------------

서울 남대문 1900 통합 전 (ソウル南大門 1900 併合前)

b04.jpg


06.jpg

서울 남대문 1910 병합    (ソウル南大門 1910  併合)


2012-05-04_CHINA-USA.jpg

합병 후 사진집    (併合後の写真集)

http://translate.google.co.jp/translate?sl=ja&tl=ko&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&u=http%3A%2F%2Fccce.web.fc2.com%2Fsi%2Fbeforeafter.html&act=url




일본인이 한국인을 학살 한 사건은 역사에 없다.

731 세균 부대는 미국의 날조였다.

국민 통한의 학살이 매우 많은 한국


-------------------------------------
1392 년 ~ 1637 년 : 명 (속국)
1637 년 ~ 1897 년 : 청 (속국)
1897 년 : 시모노세키 조약에 의해 청의 속국으로부터 개방되는 ← ← ← ← ← ← 코코 중요!
1903 년 : 러시아 한반도를 남하. 일본의 진력에 의해 러시아의 속 국화를 회피
1905 년 ~ 1945 년 : 일본 (보호국, 병합)
1945 년 ~ 1948 년 : 미국 (비 독립) ← ← ← ← ← ← 코코도 중요!
1948 년 : 대한민국 성립 (미군에 의한 조선 통치에 의해서 국가 기반이 형성되어 성립)
1948 년 : 군사 독재 정권 탄생
1948 년 : 제주도 4.3 사건 7 만명 학살 → → 대량의 한국인이 일본에 밀입국
1950 년 : 보도 연맹 사건 30 만명 학살
1950 년 : 한국 전쟁 400 만명 사망 → → 대량의 한국인이 일본에 밀입국
1951 년 : 국민 방위군 사건 10 만명 학살
1951 년 : 거창 사건 8500 명 학살
1975 년 베트남 전쟁에서 4 만명 이상의 비전투원을 살륙
1979 년 : 군 출신 대통령 정권 탄생
1980 년 : 광주 사건 2000 명 학살
1993 년 : 첫 문민 정권 탄생 ← ← ← ← ← ← 한국은 민주화 해 아직 15 년 밖에되지 않습니다!
1997 년 : 아시아 통화 위기 · 국가 재정 붕괴에 의해 IMF에

---------------------------------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。