So-net無料ブログ作成
検索選択

福島原発がもし核爆発すると一流の専門家が言う言葉使いに注意! [福島原発]


福島第一原発において核爆発する可能性が少なからずございます。

>でも「臨界状態に達して原爆のようなことになる」これはいくらなんでもです。

大前研一 福島原発事故2
http://www.youtube.com/watch?v=zgAWdy-xOgg&feature=related
5分ぐらいから始まります。

原爆と同じではないようです。たぶん溶けたものが爆発、膨大な閃光やガンマ線中性子線等は出ない爆発でございます。

違いは

原発の再臨界-->温度急上昇-->急激な熱膨張(液体の溶融から気体か?)でウランの塊が爆発する、圧力容器を破壊する、-->溶けたウランがバラバラに飛び散るので臨界はそこで停止、終わり 
by 大前研一博士




核爆発という危険な言葉

専門家は「核燃料爆発」とかタームを変え定義をキチンとしてほしい。武田邦彦教授 (中部大学)
も大前氏も同じくこの言葉を使ってますので、武田氏ばかり叩く人がいますが名前で叩くのはフェアじゃないです。原子力業界では普通なんでしょう。Wiki もんじゅでも原発反対者がこの核爆発の言葉の問題、ここでも一つの言葉に二つの意味があると議論に決定的な障害が生じます。

http://takedanet.com/2011/03/32_f654.html
ただこれを読むと笑ってしまうほど武田邦彦教授 (中部大学)は核爆発を多用し使っています。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

通行人

その前の爆発の可能性を書いたのを見た時には衝撃を受けました。
*各方面から非難を浴びたのでその後のを書き換えたという噂有り。
原理を考えれば、どう考えたって核兵器の様な爆発は起きっこ無い
のに。また、その他も読んでいると「この人、アナーキスト?」と思える
様な文章が多い。

大学の教授が人心を迷わす様な事をしてどうするんですかね。
by 通行人 (2011-04-05 14:51) 

Yougen

通行人 さんコメント有難うございます。
たぶん武田教授は原発とはそんな安全なものではない危険なものだ、原子力委員会などの役人のやり方はいい加減だという警鐘を鳴らしているものと思います。

by Yougen (2011-04-05 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。