So-net無料ブログ作成
検索選択

もしも福島原発で核燃料爆発したら [福島原発]

>チェルノブイリ級の核物質飛散は起こりえそうですね。

チェルノブイリは核燃料が120t 福島原発3号機は132tでほぼ同じです、ただチェルノブイリは黒鉛が減速材だったので燃えカスに放射能がついて風に乗ってポーランドの間近まで風の方向通り700km飛んだそうです。私の友人にポーランド人がいるのですが今も東京に逃げています。

三号機だけで原発は燃料棒の本数 764 燃料の総重量 132 t  広島原爆2200個分
それと燃料プールのMOX 燃料 3200 t 広島原爆53000個分 も海や
そこらじゅうに個体のままですが吹っ飛ぶでしょう。



軽水炉は水なのでそこまでの飛散はないと大前氏も言ってたので。たぶんデータがないのではっきりは言っていません。風の要因は最も重要ですが、多くて一割70Kmぐらいかなと。やっぱりUSA基準の80Km以上で武田氏の言う安全な3μSv/hr以下かなと。憶測でしかわかりません。爆発時ガス性のものは風向き(北東の風が最悪-今の季節はほとんどない)によっては700Km 大阪の手前まで飛ぶと考えてもいいでしょう。今幸い海へ吹く西風が9割以上で多いので私の住んでいる50Kmでは車で直ぐ逃げれば大丈夫だろうと思います。

ただ福島原発3号機は132t中9%がPu94です。13tにもなります。その為にも半径30kmの避難は必要なのでしょう。中心に今人はいませんし田舎はさほど渋滞はしませんのでここは経済活動も含めて適切なぎりぎりの距離ではないかと。 武田氏はPu94において角砂糖4個で日本中が死滅するほどの猛毒であるというデータは
http://takedanet.com/2011/03/32_f654.html
の下の方でどこにも無いと。大前氏とこの二人しか最悪の時の知識や情報を出してくれていないので私は武田氏が叩かれると少し機嫌が悪くなります。疑いつつ判断すれば良いわけで、今分厚い本を読んだ人の知識ほど頼れるものはありません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。